• 乾燥肌はクレンジングのやり方が重要

    肌に含まれる水分量が少なく、バリア機能が低下している乾燥肌。

    クレンジングを強くやりすぎてしまうと、本来肌に必要な皮脂まで奪われ、肌の状態が悪化する原因となります。
    一方メイクや汚れが残ってしまうと、肌トラブルの原因となるため、メイクや汚れはその日のうちにしっかりと洗い落とす必要があります。

    クレンジングの乾燥肌の補足説明を致します。

    クレンジング剤には、「オイル」「リキッド」「ジェル」「クリーム」「ミルク」の5種類があります。


    このうち乾燥肌に特におすすめなのが、「クリーム」と「ミルク」になります。


    「オイル」や「リキッド」は、強力なメイクもすぐにしっかりと落とすことができますが、その分肌に負担もかかります。一方「クリーム」や「ミルク」は比較的肌への負担も少なく、つけた時にしっとりしやすいです。

    ただし、アイメイク等は乾燥肌の方でもポイントメイク用のクレンジング剤などを使って、しっかりと落とすようにしましょう。


    またメイクを落とす方法も重要となります。



    特に乾燥肌の方は特にバリア機能が低下している為、クレンジング剤をつける時はまず手のひらになじませてから使います。

    そしてメイクを落とす時は、指の腹を使って優しくなでるように落としていきます。
    乾燥肌の場合、肌内部に水分を保つ働きが低下している状態になります。

    熱いお湯でクレンジング剤を落とそうとすると、お湯と一緒に本来肌に含まれている水分も蒸発してしまうため、すすぐときはぬるま湯を使うようにしましょう。